Archive for category 街

180,181 | LIFE IN A DAY in SUNDANCE 27.Jan (3/4)

ホテルからバスに乗って、LIFE IN A DAY WORLD PREMIEREの上映会場へ出発です。

客席があまり見えないのでカメラの位置を高くしました。

斜め後ろにいるペルー人の子供、アベルが笑ってます。

今リンク先見たら名前がカイン・アベルっていうんだ!すごいなその名前!

アベルの後ろにはエジプトから来たBoga Films-llcのCristina BocchialiniとAyman El Gazwyの二人が。

その後ろのメガネの男性がToniu Xou、彼と私の後ろの女性、Patrícia Martínez Hoyo Guriはスペインでカワイイ女の子を撮影した二人です。

バスが出発して、上映会場へ向かいます。

続く

 

No Comments

176-179 | LIFE IN A DAY in SUNDANCE 27.Jan (2/4)

ソルトレイクシティにはケンタッキーフライドチキン(KFC)のチェーン1号店があります。それがこれです。

カーネル・サンダースの銅像に一緒に並んでるのがこのお店の初代店長さん。

店内には当時のグッズなどが展示してありました。

この店ではBuffetというチキン食べ放題のメニューがありました。それ目当ての屈強な感じの男性客がバイキングスペースに新しいチキンが来るのを待っています。

ケンタッキーは日本では割高な印象ですが、チキン食べ放題で8ドルくらいだったかと思うんですが、これならリーズナブルで安心して入れます。

そしてソルトレイクシティにはモルモン教の本部があります。

正しくは末日聖徒イエス・キリスト教会と言います。

大変素敵な場所で、のんびりするのに良さそうな場所でした。

日もくれてきて、ホテルに戻りました。

 

続く

No Comments

169-171 | LIFE IN A DAY in SUNDANCE 26.Jan

朝食後、サンダンス映画祭の上映作品『PROJECT NIM』を観せて貰いました。

子連れで映画なんて観られないと諦めてましたが、スタッフがこのチケットを取っておいてくれました。

無事映画を見終えてから、通訳のマークと再会。

すっかり息子と仲良くなったマークと一緒に近所のBURGER KINGへ。

炭酸の飲めない息子の為にピンクレモネードを頼みました。

一人で注文をしてみます、という私のおっかなびっくりなオーダーに不安そうな定員さんは、毎回マークの顔を見てコミュニケーションとってました(笑)

飲み物は飲み放題なのにサイズが指定出来るのはなぜ?とマークに尋ねると、お店の中で全部飲んで、もう一度一杯入れて持って帰るから、との事。

スゲェな!って思ったけど、全部飲み干せた。なんだろ、湿度が低いから?

サンダンス映画祭の為の無料運行バスの停留所。

そうそう、歩きたがらない息子の為に、マークがベビーカーを持って来てくれました。

サンダンス映画祭の上映館のひとつ、Egyptian Theatre。

マークは電話中で、息子は時差ボケでグッスリおやすみ中。

この日は街を散歩した後で、招待者全員でそり滑り体験ツアーに行きました。

その様子はこちら

No Comments

157 | うさぎや

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

というわけで今年の干支はウサギです。

うさぎやさんではどらやきなどが美味しいそうで、是非食べて行こうというつもりでお店に参りましたが、あいにく定休日でした。

ただ、お店の前に立っておりますと、次から次へとお客さんがいらっしゃって、残念そうにお帰りになる様子が何度も見られました。

人気のお店なんですね。

店名は初代店主が卯年だったことからという事で、もともと干支にちなんでるんですね。

水曜日は定休日なので、皆さんも注意して下さい。

あ、でも1/4からの営業で、1/5の水曜日は開いてるそうですよ!

うさぎや

5 Comments

156 | 阿部和重×加藤千恵&島本理生

156namco

今回の相談者はお二人です。加藤千恵さんと島本理生さん。タイトルは『誰と付き合えばいいですか?』。

前回のリベンジで、今回はデパートの屋上での撮影。ステキな青空に恵まれてキレイに撮影出来ました。

お二人に観覧車に乗ってみたら?とお話ししたのですが、高い所はちょっと…ということで乗らずに帰りました(笑)

小さな観覧車ですが、屋上にあるので結構高い感覚は味わえます。

内容はこちらで☞小説トリッパー

阿部和重 公式サイト sin-semillas.com

2 Comments

153-155 | THE TOKYO ART BOOK FAIR 2010/3331 ARTS CHIYODA

153mellow

夏に、ZINE’S MATE /TOKYO ART BOOK FAIR 2010に誘われて行ってきました。

誘ってくれたのは右側の女性、a.mellowという名前で写真を撮っています。

写真を載せた冊子を販売してたので、一冊買ってきました。

贅沢な憂鬱 -luxurious blue-というブログ形式のWebサイトで素敵な写真を載せているので御覧ください。

左の女性はe.mellowさん。e.mellowのflottabiliteで同じように素敵な写真を載せています。

ちょうどe.mellowさんがいらっしゃった時に伺ったので、ツーショットが実現しました。

お二人ではR.mellowの “そこはわずかなるどこか”というサイトを一緒にやっています。

154garden

展示は秋葉原の近く、3331 ARTS CHIYODAという場所で、元は中学校だったそうです。

芝生で覆われた校庭だったと思われる庭には大きな木があり、落ち着ける雰囲気。

155_3331入り口はこんな感じです。ウッドデッキが気持ち良いです。

1 Comment

145 | DOPING PANDA 2

145dopan以前公開したDOPING PANDAのサイトのTOPページ、最近別バージョンに変わっていました。

撮影した時のスタッフさんに偶然お会いして、教えてもらいました。

撮影は同じ日に行いました。

DOPING PANDA

No Comments

136,137 | 渋谷交差点、夏

136c-d_shibuyaだいぶ前のパノラマになってしまいましたが、夏の渋谷交差点です。

渋谷のcircle design inc.というデザイン会社のWebサイトを頼まれた時に撮影したものです。

リンク先をご覧戴くと、同じ風景がキレイにデザインされているのがわかると思います。

こちらは元データとなったパノラマです。

②をクリックすると、交差点の真ん中の視点になります。

137c-d_shibuya

No Comments

118 | 七辻

118nanatsuji大田区にある七叉路です。今回調べるまで知らなかったのですが、結構珍しい場所ということで、

「七辻」という名称がついて、大田区のサイトにも紹介されています。

検索するといろいろと出てきますね。

「タモリ倶楽部」でも取り上げられ、八百屋の屋上でロケをしたそうです。

さすがに七本の道路がある交差点だけあり、車がなかなか途切れず、撮影に時間がかかりました。

一方通行が多いのですが、八百屋の右の道路は逆走する車がちょくちょく来て、怒られてました。

上を見るとたくさんの電線が。やっぱり七本もあるとこうなっちゃいますねぇ。

2 Comments

114~117 | 踏切、人道橋、線路

114fumikiri

御園踏切

115jindokyo

町屋跨線人道橋

116fumikiri

雑色踏切

117zoshiki雑色駅前

JR蒲田から川崎方面へ線路沿いに歩きました。雑色踏切から商店街を抜けて、京急線の雑色駅前まで行きました。

この前のおもちゃ屋さんは、この商店街にあります。

タイヤ公園は、雑色踏切の手前に。

JRの線路は、京浜東北線と東海道線が通る為、4本あります。

御園踏切は、富士通の隣にある、京浜東北線の操車場へ行く線路です。

このJR蒲田操車場は『砂の器』という映画の舞台になっています。

No Comments